熱力学の三原則。


 第一条。ある閉じた系の中のエネルギーの総量は変化しない。
 第二条。断熱系において不可逆変化が生じた場合、その系のエントロピーは増大する。
 第三条。完全結晶のエントロピーは絶対零度ではすべて等しくなる。


     ただし、第二条にはわずかな例外が存在する――




























「私は地獄が好き。地獄鴉だから。さとり様のいる地獄が好き。さとり様のペットだから」
「…………」
「それでね、お燐のいる地獄が好き。お燐は、私の初めての友達だから。もしお燐が天国に行きたいって、どうしても行きたいっていうなら、私がついていってあげる。一人じゃ寂しいもんね」
「だからいけやしないって――」
「でも、それまではずっと一緒。二人で、一緒。ねぇ、お燐は地獄が好き?」

















三本足の鴉を殺し。


 序章・明星。地底の底で、猫と鴉は出会う。
 破章・残月。地底の底で、お燐とお空は友情を育む。
 急章・落陽。地底の底で、燐と空は対峙する。


     ただし、破章にはわずかな暗転が存在する――
































「何も違わないわ。この力があれば、地上を征服することなんて容易いわ。そうよ、太陽は地上よりも上にあるべきものなんだから。ね、お燐。二人で、私と貴方の二人で、二人だけで、二人だけの、」


――天国を手に入れましょう?











































 赤、赤、黄。焼けた身体。熱。羽。黒い羽が、落ちて。
鳥。鴉。溶ける羽根。融ける身体。光。太陽。熱。黒い
太陽。空から。空。空が。お空が。動かない身体。赤い
瞳。力。神。死。失われていく熱。吐息。冷たい肌。死。
空が。霊鳥路 空が。溶ける。融ける。とけてなくなる。
熱。熱が――



「それが貴方の罪なのですね」




さとりは言う。
 燐は頷く。


 
それは、地上に忘れられた地底の物語だ。
それは、色褪せてしまった世界の物語だ。
 言わなければならない。
語らなければならない。
罪について。
愛について。
死について。
なぜなら――







――霊烏路 空を殺したのは、あたいなのだから。
























これは、友情の物語だ。
天国を夢見る猫と、
地獄を愛する鴉の、
地下の底での友情の物語。

これは、破滅の物語だ。
罪を背負った猫と、
神を食らった鴉の、
破滅へと突き進む物語。



イカロスの翼の、物語。











三本足の鴉を殺し





第六回博麗神社例大祭 ぬ43b四面楚歌にて頒布
新書サイズ 132P 700円 フルカラーカバーつき




































さとりは問う。


「はたして、どちらが幸せなのでしょう?」








戻ル

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー