二つめの星を曲がって。
 その先は朝までまっすぐ!
 そうすればネバーランドに到着さ。


     コドモはみんな成長していくものです、一人を除いては。
     (James Matthew Barrie「Peter and Wendy」より。)






























Urban Legend in Limbo - Before Story


 生まれてくる世界を間違えてしまったかのような少女。
 自分の居場所がどこにもなく世界から排斥された少女。
 尊大に不遜に居丈高に、そして臆病に、彼女は世界と敵対する。


     ただし、世界は彼女に敵対さえしてくれない――











「故郷の話。私学校で調べたんだから。妹紅はもう、帰る場所ってないんでしょう? 帰りたいって、思うの?」
 彼女はふ、と遠くを見た。そこには月が浮かんでいる。
 遠く届かない月を。その向こうにある何かを見つめて、妹紅は言う。
「私はあの日あの時に帰りたいのさ。自分自身として死ぬためにね」

 その瞳に、私は、宇佐見菫子の姿は映っていないのだった。


























































Urban Legend in Limbo - After Story

 少女は友達を得た。
 少女は居場所を見つけた。
 少女は世界を肯定した。
 たとえそれが醒めて消える夢なのだしても――



     それは、秘封倶楽部ただひとつの理。









 この夜。
 私は独りきりで、決意する。
 誰も仲間がいなくても。
 私は、変えなければならない。
 誰かのためとか、世界のためとか、そういうことじゃない。
 他ならぬ私自身の望みのために。
 夢を。
 夢を――


――夢を、現に変えるのだ。































































敗北した私は、
朽ち果てた東京で、
ただ独り、空を見上げている。



 美しい夜空を。
 本当の夜空を。
 幻想郷で見上げた夜空にどこか似た、星の輝く空を。
 


それはあまりにも美しくて。




 まるで、夢のようだった。



















これは、死に方の物語だ。
死を夢想する少女と、、
死を忌避する少女の、
境界を越える友情の物語。
これは、生き方の物語だ。
望むように生きる少女と、
望みながら生きる少女の、
境界を越える破滅の物語。

そして。





楽園についての、物語だ。


生きる場所を求め、
死ぬ場所を求め、
在るべき場所を求め、


楽園を目指してあがく物語だ。






東京で生まれ、東京で育ち、東京で死ぬ。
私の全ては、この都市と共にあったのだ。








本文 人比良(四面楚歌
イラスト 大出リコ(ヘルメットが直せません
校正協力 moki(heri/hodie) 梶迫迅八(梶迫小道具店

東方project&黄昏フロンティア fanbook
東方深秘録および秘封倶楽部に至るシリアス本





「始まりから三つめの星」





コミックマーケット88(15/8/14) テ33b 四面楚歌にて頒布
B6サイズ 152P 1100円
委託 メロンブックス様(予定)






(バナーはこちらをご利用ください)







comming soon...



















































そして彼女は、私の前に立つ。




「敗北したらまた立てばいいだけだろ。諦めない限り、コンティニューは無限だよ」






かつて子供だった貴方に。
一夜の夢物語を。






戻ル

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー