この想いを恋と呼ぶのなら。





























新刊 紫・霊夢・魔理沙 総集編

「  紅 白 黒 紫  」

  あかしろくろのゆかり


 その想いを、もしかしたら恋と呼ぶのかもしれない――

 閉ざされた楽園でさえ、四季はめぐる。
 何かを得、何かを失い、ときに寄りそいながら生きていく少女たちの物語。


 幻想郷の中心人物である紫・霊夢・魔理沙の三人と、
 彼女たちの関係性を描きだした
 四面楚歌の総集編、第四弾。



――――――――――――――――
――――――――
四面楚歌 紫・霊夢・魔理沙 総集編
「紅白黒紫」


発行:2014/12/29(C87/二日目) セ-04b 四面楚歌

仕様:B6サイズ、476頁、カバーつき、1500円

カバー絵:ほた。(いよかん。)

本文  :人比良

再録絵:にょる街(Heterochromia)
      相瀬いづみ(PNP)
      matilda(MATILDA)
      鳩麦月々(少女頭巾)
      しろいはくと(らびすたー)
      べにしゃけ(poprication)

デザイン:carmine(clocknote.)

組版校正:moki(heri/hodie)

原作:上海アリス幻樂団

委託:メロンブックス




◎本文画像サンプル





















 .   収録作品一覧


魔理沙長編

「新本格魔法少女まりさ」


……なぜ、幻想はあるの?
……なぜ、変身するの?
……なぜ、大人になるの?
……なぜ、少女なの?

某ミステリ小説パロな魔理沙過去本。

ゆかれいむ&レイマリ短編

「あまくてにがい」


チョコレートは甘く、そして苦い――
ゆかれいむ短編とレイマリ短編、「BITTER & SWEET」「HOT & ICE」の二編を収録。
レイマリ長編

「夜光少女」


 通称黒本。
 幼い魔理沙は星のような少女と出会う。
 星に願うようなその想いは、もしかしたら――

*全頁黒ベタは再現されてないです。
レイマリ長編本

「暁星幻想」


 通称赤本。
 博麗霊夢は夢のような現に出会う。閉ざされた学園での生活と、奇妙な七不思議。
 それはまるで、地平に沈む夕日が残した幻想のような光景で――

レイマリ短編本

「ゆめみるほし」

 こんな夢を見たの――
 夢見る少女たちは、現実で共にある。
レイマリ短編本

「霧雨魔理沙は此処にいる」

 それは、ありえたかもしれない愛の形。
 そして少女の在り方――

*レイマリパート「霧雨魔理沙は此処にいない」のみの収録となります。
レイマリ短編本

「嵐の夜に」

 こんな現を、生きている――
 夢さえ見ない嵐の夜、二人きりの時間を過ごす霊夢と魔理沙のお話し。

他、
『ゆかれいちゅっちゅにまつわる9のお題』ゆかれいむ短編三つ、
『或いは愛さえも暑い夜の夢のような現のような』ゆかれいむ短編、
『或いは恋さえも暑い昼の幻のような想のような』レイマリ短編、
『特典小冊子ゆかれいまり』ラフギャラリー(夜光少女、暁星幻想、スタードリーム)
『夢向日』書きおろし短編4p

を収録しています。


..

(敬称略)


























戻る








広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー