1 ひまわりのように
1
     

0 0

00


 花が咲いていた。
 咲き誇っていた、といっても良かった。見渡す限りの花畑だった。
 花が咲いていない場所など、どこにもなかった。
 その妖精は、そのことを喜んでいた。
 妖精は花が好きだった。お祭りも、お酒も、イタズラも好きだったけど、それ以上に花が好きだった。
 きれいな花。
 おおきな花。
 あかるい花。
 命を感じさせる、どこまでも伸びる、大きな花を咲かせるものが好きだった。
 妖精には、名前がなかった。
 自然から生まれた妖精には、名前が与えられなかった。
 父も母もいなかった。
 友達はいたけれど、名前を呼び合うようなことはしなかった。
 だから妖精は、妖精でしかなかった。
 その妖精は、異変を、異変とは思わなかった。
 すばらしい、カミサマからのプレゼントだと信じた。
 クリスマスの夜に、枕元にプレゼントボックスが置いてあるのを、異変だと思う子供がいるだろうか?
 それと同じだった。
 妖精は、その出来事を、素直に受け止めた。
 受け止めることに、理由なんていらなかった。
 原因を知らなくても、花を美しいと思うことはできる。
 それが全てだった。
 妖精は、美しい花畑の上を、のんびりと飛んでいた。
 手にはひまわり。
 花にお願いして、一本だけもらったのだ。
 ひまわりは大きい。
 日に向かう花と呼ばれるだけあって、ひまわりはすくすく伸びていた。
 人よりも背の低い妖精よりも、ひまわりは、ずっとずっと背が高かった。
 ひまわりを持っているのか、ひまわりにおんぶされているのか、分からなくなるくらいに。
 けど、そのことが、妖精は嬉しかった。
 ひまわりの花は大きくて、きれいで、見ているだけで心がぽかぽかしてきたから。
 小さな小さなお日さまの花が、そこにあるような気がした。
 そして、そのお日さまがそばにいれば、大きくなれるような気がしたのだ。
 妖精は小さく、長生きできるものはほとんどいない。力を持つものはさらに少ない。
 けれど、今、妖精は――つよく、大きくなれるような気がしたのだ。
 ひまわりの花のように。
 ひまわりの花のように――大きく、強く、すこやかに成長して、花を咲かせることができる。
 そう、信じることができた。
 それだけで、何でもできるような気がして、妖精は花畑の上を飛びまわった。
 周りには、同じように、花を持って飛んでいる妖精たちがいた。
 誰も彼もが浮かれていた。
 お花だらけの小さなお祭りに、妖精たちは、浮かれていた。
 祭りは続く。楽しい楽しいお祭りは、いつまでも続く。

 ――誰もが、そう思っていたのに。

 始めに死んだのは妖精で、同時に死んだのも妖精で、その数は花畑を飛んでいた半数以上だった。
 誰が、何をする時間もなかった。
 逃げる間もなかった。気づけば、妖精は、半分以上死んでいた。
 仲間たちが死んでからようやく、事態に気づいた。
 ひまわりを持った妖精は、玉が跳んできた方を見る。
 巫女がいた。
 紅と白の巫女が。
 巫女は、弾幕を飛ばしながら飛んでいた。妖精たちを見てもいない。
 素早く跳びながら、弾幕を放ち続けている。
 その流れ弾で死んだのだと、妖精は気づいた。
 そして――
 気づいた時には、遅かった。
 奥にいた巫女の姿が視界から消える。
 代わりに、視界いっぱいになるまで迫った、大きな弾幕。
 避けることも、防ぐことも、できなかった。
 たとえしたとしても無駄だっただろう――避けても避けた場所に弾幕はあり、防げるような代物ではなかった。
 結果。
 弾幕の流れ弾は、妖精と、妖精が持つひまわりにあたって、はじけた。
 浮力を失い、気力を失い、体力を失い、命を失いながら、妖精は見た。
 まるで、花びらが散るかのように、自分の手足がばらばらになって落ちていく姿を。
 そして――長く大きかったひまわりの無惨な姿を。
 ひまわりの花は、もう、日をむいてはいなかった。
 花弁は砕け、花びらは舞い散り、茎は粉々に折れ、落ちていく。
 地面へと。 
 花畑の中へと。
 妖精と同じように、花畑へと、花の中へと落ちていく。
 落ちていく中で、妖精はふと考えた。
 どうして、他のみんなみたいに、わたしの頭は消えていないのだろう、と。
 答えはすぐに出た。
 妖精の前で落ちる、こなごなに散ったひまわり。
『彼』が、その身を使って、ほんの少しだけ守ってくれたのだ。
 大きな子供が、小さな子供を庇うかのように。
 それが嬉しくて、首だけになった妖精は、最後の力で、小さく笑った。

「――ありがとう」

 それだけを言って、妖精は花の中に落ちた。
 運悪く砕けなかった妖精たちも地面に落ち、巫女は、空の彼方へと消えていった。


 花畑の中。
 人の背よりも大きなひまわりが咲き誇っている。
 ひまわりたちは地面を見ない。
 ひまわりたちは、空の彼方を、お日さまだけを見ている。
 根元で死んでいる妖精を、ひまわりたちは、少しも見ようとしなかった。
 けれど、妖精の動くことの無い瞳には、しっかりとひまわりがうつっている。
 妖精を守って散った、ひまわりの姿が。
 動くことのない妖精の首は、笑っているように見えた。
 散ってしまったひまわりも、笑っているように見えた。
 ひまわりのように大きくなりたいと願った妖精は――



 ――ひまわりのように、散っていった。





00
0 0



↑作品を面白いと感じた方、押していただければ幸いデス↑
 次回のやる気につながりますので……感想、ひと言遠慮なくどうぞ。



◆あとがき◆



東方花映塚 〜 Phantasmagoria of Flower View.より。或る弾幕の行方。




広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー