1 嗚呼お願いします、あの月を取ってくださいな。
1
     

0 0

00













 ――呼ばれているような気がするの。




「……誰に?」

 いつもの喫茶店、一番奥の席。壁際に灯されたランタンの照り返しが、正面の席に座るメリーの顔を照らし出していた。生まれた影は、夜よりも濃い。どこか、ホラーじみた光景だった。喫茶店の中だというのに、百物語をやっている気分。

「誰かに、よ」

 つぅ、とワイングラスの縁を撫でながら、メリーが答えた。指先で奏でられたワイングラスの音色が、私の耳に心地良く響く。いいワイングラスを使ってるんだな、と妙なところで感心してしまう。

「メリー、メリー! いくら私でも、そんな曖昧な言葉じゃ分からないわよ!」

 ま、秘封倶楽部の片割としては、曖昧なメリーの言葉になんて慣れている。
 我が親友、マエリベリー・ハーンは、いつだって曖昧だ。言葉も、動作も、立ち位置も。
 見ている世界が――曖昧なんだから仕方ない。

「呼ばれてるって、ポン引きにでもあったの?」
「蓮子、お下品」
「じゃあマグロの一本釣り」
「蓮子……私のこと、一体なんだと思ってるのかしら?」

 ふむ、と少し考え込む。それは中々に難しい命題だ。
 とりあえず、思いつく限りに答えてみる。

「まず変人でしょ。それから――やっぱり変人じゃないかしら。境界を見ることができて、ちょっと間が抜けてて、時々鋭い、秘封倶楽部のメンバー。そんなところ?」
「一つ抜けてるわよ」
「え?」

 メリーはぴっと人差し指を立てて、口の端に笑みを浮かべながら、

「――宇佐見蓮子の、お友達」





        †   †   †





「『早く起きてください』って、夢の中で呼ばれてるの。それとも夢の中から呼ばれてる?」

 とん、とん、とん、とリズムにのってメリーが階段を降りる。かつん、かつん、かつんと、石段に靴が触れるたびに音が鳴る。
 夜の町は静かだ。歪に歪む朧月だけが、暗い街を照らしてる。人気はまったくなくて、絵本の中の町に入り込んでしまったように錯覚してしまう。
 私の前にはメリーがいて。
 メリーの後ろに私がいて。
 二人で、無人の街を、歩いていく。

「早寝早起きを心がけないからよ」
「たっぷり眠るのが健康にいいのよ?」

 くるりと振り返り、後ろ向きのままにとんとんとんと、器用にメリーは階段を降りていく。危なっかしいことこの上ないけれど、不思議とメリーの足取りは安定している。月に照らされた影絵の街を、メリーは踊るように降りていく。

「夢の中は夢?」
「夢は夢よ。メリー、貴方が見るのが夢なら、貴方を見ているのも夢ね」
「なら、夢の外も夢?」
「どっちが中で、どっちが外かなんて、誰にも分からないわよ」

 くるり、
 くるり、
 くるくると。
 月光の下、メリーは楽しそうに跳ね踊る。私はその後を、ため息を吐きながらついていく。こういうメリーは見ていて中々楽しいものがある。そんなメリーについていく私を、私は実のところ気に入っている。
 いつも通りの、秘封倶楽部の活動。
 振り返って、メリーは言う。

「ここは夢?」

 メリーの手をとって、私は答える。

「『ここ』って、『どこ』?」

 私の答えに、メリーは満足げに笑った。





        †   †   †





 影しかない夜の街を、月を追って歩きつづける。かつん、かつん、かつん。響くのは私とメリーの足音だけだ。手をつないで、目的地も目的もなく歩いていく。
 目的地なんてない。
 目的なんてない。
 何気ない時間が、かけがえのない、秘封倶楽部の活動時間。
 不思議と隣り合わせの散歩。
 夜の街は別の世界だ。境界の向こう側と、くるりと入れ替わってしまったかのように。どんな不思議が起きても、それこそ不思議ではない。

「それで、貴方はどうするのよ?」

 隣を行くメリーに問いかける。メリーは「え?」と首を傾げ、そのせいでよろよろと転びかけた。「わ、わわ」と体勢を立て直すメリーにため息を一つ送って、

「危ないわよ」

 倒れないように、繋いだ手を引いてあげる。さっきよりずっと近くに、メリーの顔があった。

「ありがとう」

 素直にメリーはお礼を言って微笑んだ。こういう素直なところは、ちょっとだけ羨ましい。
 再び横を歩き出したメリーに、私はもう一度、分かりやすく問うことにする。

「呼ばれて、貴方はどうするの?」

 訊ねるのには、ちょっとだけ勇気が必要だった。
 呼ばれている、とメリーは言う。
 それは――ここからいなくなるということに他ならない。
 呼ばれて、遠いどこかへ行ってしまう。
 境界を見ることのできるメリーは、きっと境界を越えてしまう。

 ――そのとき、私はどうするんだろう?

 考えたこともなかった。考えても、分かりそうになかった。

「そうね」

 そんな私の思考を余所に、メリーはあっけらかんと、明るい声で応えた。

「蓮子はどうするの?」
「え? 私? 私は――」

 私は、どうするんだろう。
 答えに詰まる私の顔を横から覗き見て、メリーは微笑みと共に言った。

「蓮子が一緒なら、行ってもいいかなって思うけど」
「――――え」

 予想外の言葉に、私の思考が、一瞬だけ止まる。
 その、一瞬に滑り込むように。

「だって――」

 メリーは満面の笑みを携えて、とどめのような一言を放った。



「私と蓮子、二人で――秘封倶楽部じゃない」



 言葉に嘘はない。メリーの笑みに、嘘はない。
 マエリベリー・ハーンは、心の底から正直に、嬉しそうにそう言った。

「…………」

 あんまりといえば、あんまりな意見に。
 私の口にも――笑みが浮かんでしまう。

「まったく、ホントメリーはメリーね」
「……今馬鹿にされたのかしら?」
「褒めてあげたのよ、マエリベリー・ハーンお嬢さん!」
「有難う、宇佐見 蓮子サン」

 あはは、と私は笑い、メリーも笑う。
 夜の街には誰もいない。影だけがどこまでも伸びている。空を見上げれば朧月。
 けれど私は、空を見上げない。
 月も星も必要ない。今が何時かなんて、此処がどこかなんて、そんなことは些細なことだ。
 隣にメリーがいて、ここに私がいる。
 秘封倶楽部としては――それだけで十分というものだろう。

「さ、行きましょメリー」
「どこへ?」
「どこかへ、よ!」


 私達は笑いあいながら、夜の街を何処までも駆けてゆく――





(了)
00
0 0



↑作品を面白いと感じた方、押していただければ幸いデス↑
 次回のやる気につながりますので……感想、ひと言遠慮なくどうぞ。





 さもなければ、月に連れていってくださいな。












広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー