1 頼むから誰かこの子たち出してやってくれよ!
1
     

0 0

00



 天気の良い日だった。
 燦々と太陽が空にかかっていた。お日さまが地上を見ていた。空から地平を照らしていた。
 晴れである。
 まっこうもって暖かな幻想郷だった。小春日和とはこのことを言うのだろう。
 空気がぽかぽかとしていて、誰もが眠くなるような気候だった。
 春であり、晴れである。
 頭の中に花が咲きそうなほどに、春である。
 その春の中で、穏やかな春の中で、えっさほいさと働いているものがいた。似つかわしくない。春ならば、もっとゆったりしていればいいのに、その三人組はむしろ夏のような元気のよさで働いていた。

「サニー、もっと深く掘りなさいよ!」
「ルナこそ、手が遅いわよ!」
「二人とも頑張って〜」
「「あんたもやりなさいよ!!」

 一人は月の妖精。スコップを片手に、えっちらほっちらと穴を掘っている。
 一人は陽の妖精。スコップを片手に、よいさこらしょと穴を掘っている。
 一人は星の妖精。スコップを手離して、穴の縁に腰掛けて二人を応援している。
 言うまでもなく――三月精である。
 ルナチャイルド、サニーミルク、スターサファイア。悪戯好きな三月精だ。
 何をしているのかといえば、それこそ見ての通りである。
 穴。
 穴だ。
 穴を掘っている。
 深い深い――深い穴である。小さな三月精は、すでにすっぽりと全身が収まるほどに入っている。三人入ってもまだ足りない。
 あきらかに、小さな妖精ではなく、それ以上のサイズを落とすためのものだった。
 つまりは――
 落とし穴である。
 古典的な、悪戯だった。

「意外と大変なのよこれ!」
「誰よ、落とし穴掘ろうなんていったの!」
「サニーの能力をつかえば、穴に落ちやすいからでしょ?」
「掘るのが面倒なのよ掘るのが!」

 ぺちゃりくちゃりと喋りながら、三妖精は穴を掘る。
 確かに――サニーミルクの光を操る能力を使えば、人間は穴の存在に気付けないだろう。気付く暇もなく、穴に落ちるに違いない。
 悪戯としては、完璧だった。
 ただ一つ。
 問題があるとすれば。
 妖精である彼女たちの頭が、たどり着いていない、致命的な問題が一つだけ――――――あった。

「とにかく! あの黒白とか!」
「紅白にぎゃふんと言わせるためには!」
「落とし穴を完成させることね!」

 三人は一致団結し、再び穴を掘り始める。
 その、三人の。
 真上を。
 暖かな春の日差しの中を――


「空は良い……あったかい空は最高だぜ!」


 魔理沙が歓声と共に、彼方から此方へと飛んでいった。
 飛ぶ。
 箒に乗って――あっという間に、飛び去っていった。


「………………」
「………………」
「………………」


 沈黙。
 三者三様に、沈黙。
 声につられて上を見て、飛ぶ魔理沙の姿を見た三妖精は沈黙した。無理もない。飛んでいたのだ。それはつまり。
 落とし穴に落ちても、飛んで逃げれるということに、他ならない。
 普通ならば、自分たちが飛んで穴の外に出てる時点で、気付くべきなのだろうが――哀しいかな、彼女もまた妖精なのだ。
 つまりは、馬鹿なのである。


「………………」
「………………」
「………………」

 さらに、沈黙。
 ずっと、沈黙。
 どうしようもないほどに、沈黙して――

「「「魔理沙のアホ――!」」」

 穴に向かって、声をそろえて叫んだのだった。
 








00
0 0



↑作品を面白いと感じた方、押していただければ幸いデス↑
 次回のやる気につながりますので……感想、ひと言遠慮なくどうぞ。





 その後。
チルノ「うわー! なにこの落とし穴! 誰か! たっすけてー!」

 どっとはらい。




三月精について。
前回の登場回数:零
今回の登場回数:(恐らく)1

 全米が泣いた





だがこの世に飢餓と貧困があるかぎり、博麗 霊夢は何度でも蘇るだろう。


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー