1 ベリー・メリー・レプラコーン
1
     

0 0
00



 




どこに向かっているのと彼女が訪ねた。
 どこに向かっているのか、メリー自身にもよく分からなかった。
  ただ、空に浮かんだ満月が綺麗だったから、月を目指していると答えた。
   なぜそう答えたのかは、メリー自身にもよく分からなかった。
    ただ――星は無限で、月は独りで。
     その姿が、マエリベリー・ハーンにとっては、とても美しいものに感じたのだ。
      意味のない、理由のない言葉に、彼女は。
       蓮子は、驚くことも嘲ることもなく、「そう」と答えた。
        その何気ない答えが嬉しくて。ただ嬉しくて。
         メリーは微笑んで、「今日は月見をしましょう」と誘った。

           ――ベリー・メリー・レプラコーン――

             月は墓穴だらけだった。
              月面に存在する、無数を越え無限に近付きそうな数のクレーター。
               大きさも様々。形も様々。
                ただただ、何もない月面に、ぽっかりと穴が開いているだけだ。
                 その穴の一つ一つが、違う世界に通じているような気がして、メリーは微笑んでしまう。
                  想像してみると、それは中々に愉快な光景だった。
                   ウサギが穴に落ちる。
                    そして、月のウサギとなって、穴から出てくるのだ。
                     不思議の国のアリスに出てくる時計ウサギも、穴に飛び込んだ。
                      その穴が――月面に繋がっていたら。
                       少女アリスは、トランプの兵隊の代わりに、火星人と手を繋いだだろう。
                        ドジスン先生が、もしもロケット工学を専攻していたら。
                         黄金色の河でのお話が、もしも月星輝く夜ならば。
                          アリスはきっと、宇宙にいったに違いない。
                           月でウサギと餅をついたに違いない。
                            地球なんて捨てて、月よりもさらに果て、世界の彼方へと行ったことだろう。
                             メリーは、そんなことを思わずにはいられなかった。
                              なぜならば――
                               「メリー! メリー! あれは何よ?」
                                楽しそうに笑いながら、蓮子が月を指差す。
                                 指が示すのは、二人の先に浮かぶ、丸い月。
                                  「月よ、もちろん」
                                   メリーは自信満々に答えるが、蓮子は「違う違う」と腕を振り、
                                    「私が言ってるのはそういうことじゃないのよ。あれが何に見えるかって、そういう話」
                                     なんだ、そういうことね――メリーは頷いて、
                                      「火炙りになったウサギ」
                                       「……何、その悪趣味な答えは?」
                                        「見えない……かしら?」
                                         「見えないわね、全然」
                                          無惨で無常な蓮子の意見。
                                           なら貴方はどうなのよ、という視線で蓮子を見ると、彼女は空を見上げて、
                                            「懐中時計に見えるわね」
                                             なんて、あっさりと嘯いた。
                                              「蓮子。そう見えるのは、貴方だけだと思うわよ」
                                               「ウサギが餅をついてるように見えるのも、誰か一人だけかもしれないわね。あとの人は、皆信じているだけで」
                                                「それは面白い想像ね」
                                                 皮肉ではなく、メリーは素直に頷いた。蓮子の言葉を噛み砕けば、それは確かに『面白い』ことだった。
                                                  月にウサギが見えているのではなくて。
                                                   誰かがウサギに見えるといったから、皆ウサギが見えると思い込んでいるのだと、蓮子は言うのだ。
                                                    それは深く考えるまでもなくある種の皮肉で――だからこそ、蓮子らしかった。
                                                     メリーが微笑んだのは、その『らしさ』が、とても蓮子らしいと思ったからだ。
                                                      空を見上げれば満月。
                                                       遠く離れた月には、不思議な影絵が踊っている。
                                                        三十八万の距離を隔てた、不思議な世界。
                                                         誰もが見知っているけれど、だれも到達していない、本当の月。
                                                          メリーと蓮子は今、手をつないで、そこを目指して歩いている。
                                                           否――目指してすら、ないのかもしれない。
                                                            二人はただ、手を繋いで歩いているだけで。
                                                             二人の視線の先に、ただ月があるだけで。
                                                              月に辿り着くことなく、ただ追いかけているだけなのかもしれない。
                                                               それでも悪くない――メリーがそう思うのは、月があまりにも綺麗で。
                                                                「……。メリー、何、その顔?」
                                                                 「別に。なんでもないのよ」
                                                                  隣に、蓮子がいるからなのだろう。
                                                                   秘封倶楽部。
                                                                    オカルトサークルというよりは、不思議の世界を覗き見るサークル。
                                                                     おどろおどろしいものばかりではない――たまにはこんな、静かな夜があっても悪くは無い。
                                                                      月と蓮子を見比べて、メリーはそう思うのだ。
                                                                       「ねぇメリー。人間は月にたどり着けると思う?」
                                                                        「きっともうたどり着いてるわよ」
                                                                         「…………?」
                                                                          首を傾げる蓮子に、メリーは笑って、
                                                                           「猿の惑星、よ」
                                                                            「……。そういう悪趣味で、意味のない言葉遊びって、メリー好きよね」
                                                                             「それは褒められてるのかしら? それとも――」
                                                                              「聞かぬが華、という言葉をあげるわ、メリー」
                                                                               「聞かぬは一時の恥、じゃ駄目なの?」
                                                                                「それはまた、まったく意味が違う別の言葉よ」
                                                                                 蓮子はため息を吐いて、仰々しく肩をすくめた。
                                                                                  わざとらしいその仕草が、妙に様になっていて、メリーはまた笑ってしまう。
                                                                                   笑む口元を隠すメリーを見つめ、蓮子も苦笑する。
                                                                                    「なぜ月に行きたがるのかしら?」
                                                                                     「少なくともコンビニに行くよりはロマンがあるからでしょうね」
                                                                                      「なぜロマンを求めるのかしら?」
                                                                                       「ロマンくらいしか、求めるものが残ってないからね」
                                                                                        蓮子の答えに、メリーはくすくすと笑って、
                                                                                         「物が多すぎるのね?」
                                                                                          「いいえ、者が多すぎるのよ、きっと」
                                                                                           「価値観の多様性?」
                                                                                            「地球は狭くなってない。人の心が狭くなったのよ」
                                                                                             「でも蓮子。心の中は、どこまでも広がってるわよ?」
                                                                                              「そこを見るのが怖くて、外ばかり見てるから――窮屈になるのよ」
                                                                                               「でも、見られるのが好きな人が多いのは?」
                                                                                                「それこそ猫よ、箱の中の猫」
                                                                                                 「最後に残った一人は、誰が見てくれるの?」
                                                                                                  「きっと月が見てくれるわよ」
                                                                                                   そこで言葉をきって、蓮子は月へと手を振った。一拍遅れて、メリーも同じように手を振る。
                                                                                                    何の意味もない行動。月が手を振り替えしてくることも、挨拶をしてくることもない。
                                                                                                     けれども、意味のないことをする意味は、きっとあるのだ。
                                                                                                      本人がそう願うかぎり。
                                                                                                       「月は遠いわね」
                                                                                                        「隣の人の心と、どちらが遠いかしら?」
                                                                                                          答えを期待したわけではなかった。
                                                                                                           ただの独り言のようなものだった。
                                                                                                            けれど――隣を歩く蓮子は、メリーの言葉に応えた。
                                                                                                             言葉ではなく、行動で。
                                                                                                              まるで距離などないかとでも言うように、より強く握ったのだ。
                                                                                                               手から伝わる、蓮子の温もり。
                                                                                                                メリーは少しだけ目を丸くして――それから、蓮子と同じように。
                                                                                                                 手を、強く握り返した。
                                                                                                                  自分の思いが蓮子に届けばいい、そう願いながら。
                                                                                                                   メリーは何も言わずに笑う。                                                                                                                                                           蓮子も黙ったまま、笑う。
                                                                                                                    繋いだ手はわずかに温もりを伝えてきて、それだけで、どんな場所へでもメリーは行けるような気がした。
                                                                                                                     そう――たとえそこが、月であったとしても。
                                                                                                                      二人ならば。
                                                                                                                       秘封倶楽部ならば、軽々行けるのではないか――メリーは、そう思うのだ。
                                                                                                                        「ねぇ、蓮子」
                                                                                                                         「なによメリー」
                                                                                                                          「月。綺麗ね」
                                                                                                                           それは、何の意味もない、素直な感想で。
                                                                                                                            嘘偽りのない、メリーの本音だった。
                                                                                                                             たとえ空に浮かぶあの月が、恐ろしい狂気だとしても――
                                                                                                                              蓮子と視るのならば、それは楽しい月見でしかない。
                                                                                                                               そう思うのだ。
                                                                                                                                そう思える自分が、メリーは少しだけ好きだった。
                                                                                                                                 「そうね。怖いくらいに綺麗な月」
                                                                                                                                  蓮子が、手を繋いだまま空を見上げて答えた。
                                                                                                                                   メリーも、同じように、空を見上げる。
                                                                                                                                    いや――
                                                                                                                                     それは、空ではなかったのかもしれない。
                                                                                                                                      そもそも、メリーには、今、ここがどこなのか――そしてそこがどこなのか、よくわからなかった。
                                                                                                                                       蓮子に聞けばわかったのかもしれないけれど、聞こうとは思わなかった。
                                                                                                                                        今日は月見。
                                                                                                                                         それ以外のことは、全て些事だ。
                                                                                                                                          そう。
                                                                                                                                           たとえ開いた襖の向こうに、大きすぎる月が見えるとしても――それは、些事なのだ。
                                                                                                                                            繋いだ手と、月の美しさが、今は全て。
                                                                                                                                             「本当に――綺麗ね」
                                                                                                                                               独り言のように呟いて、メリーは手を繋いだまま、ゆっくりと歩く。
                                                                                                                                                どこまでも続くかのような、月にまで続くかのような道を。
                                                                                                                                                 畳と障子と襖と板床で出来た、月へと続く坂道を。
                                                                                                                                                  日本家屋の無限階段を、メリーと蓮子は、どこまでも進む。
                                                                                                                                                   襖の向こうには、不思議なほどに近く、宇宙がある。
                                                                                                                                                    その向こうには月。
                                                                                                                                                     その周りでは――常に動き続ける、無数の星の輝きがある。
                                                                                                                                                      まるで、常に星が生まれでているかのように、大小彩様々な星が流れている。
                                                                                                                                                       普通の宙ではあり得ない、幻想的な光景。
                                                                                                                                                        そんなものが普通の空ではないことを蓮子は気付いているし、
                                                                                                                                                         空に浮かぶ月が、『本物』だということをメリーは見えている。
                                                                                                                                                          だからこそ――空と月はどこまでも美しく。
                                                                                                                                                           秘封倶楽部の月見は、どこまでも幻想的だった。




(了)




00
0 0



↑作品を面白いと感じた方、押していただければ幸いデス↑
 次回のやる気につながりますので……感想、ひと言遠慮なくどうぞ。



◆あとがき◆



 月へと昇る階段。

 けれど、その単語はおかしい。

 空にあるのは天だけで。

 人の身のまま、行こうとする者はいない。

 だからきっと、彼女たちにとって、その階段は。


 月へと堕りる階段なのだろう。



BGM 夜が昇りだす(High Power Beat ver.).........END







広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー