1 チルノの王子様
1
     

0 0
00
行き着きのIRC#Gで、創作物御題『チルノ』がでましたので、その作品です。


 注意:一発パロディネタです。




・紅魔郷二面にて。



 紅霧の怪異を解決しるために暗躍する魔理沙。
 強敵ルーミアを倒したその前に、(自称)最強の敵が現れたのだった!

「もう二度と陸へは上がらせないよ!」

 そう叫ぶチルノは、オーラに満ちていた。
 そう、それは、弾幕を極めたものだけが放てるオーラだ。弾幕の力だ。すべての越える能力だ。
 一説によれば、そのオーラを発動したものは、すべてのスペカを使えるようになるらしい――それほどまでに恐ろしいオーラだった。
 こいつは油断できねぇぜ。ゴクリと魔理沙は唾を飲み込む。
 挨拶代わりにと弾幕を放つ。
 チルノはそれを避け、弾幕を返す。
 魔理沙もそれを避け、弾幕を返す。
 チルノもそれを避け、弾幕を返す。
 魔理沙もそれを避け、弾幕を返す。
 そんなことが、延々と続いた。
 さすがに、膠着とも思える弾幕の合戦に、魔理沙は不審を覚える。
 が、そのときには、もうすでに遅かった。
 飛び去ることなく、空中に残った氷玉が、魔理沙をすっかり取り囲んでいたのだ!!
 身動きの取りづらくなった魔理沙。
 しかし、その魔理沙にも、チルノはそう簡単には弾を当てない。
 ギリギリのところで、魔理沙は避け続ける。
 その様子を、チルノは加虐的な笑みを浮かべて見つめている。
 そして、叫ぶ。


      (おど)
「最低二時間は弾幕ってもらうよ! その身の破滅と共に!」


 言葉とともに、チルノは人差し指を立てて、左腕を上に伸ばす。
 それを見たあたりを飛ぶ妖精たちが、声援の声を張り上げる。

『勝つのはチルノ!! 負けるの魔理沙!!』

 紅魔館の近く、湖に響く妖精たちの大合唱。
 その声をうっとりとした声で聞きながら、チルノは満足げに笑う。
 そして、今度は両腕の人差し指を立てて、腕を左右に伸ばした。
 その合図を受けて、妖精たちがさらに声を出す。

『勝者はチルノ!! 敗者は魔理沙!!』

 魔理沙の聴覚をうばうような大音量。
 もはや、流れはチルノのものだった。
 世界はチルノのものだったのだ。少なくとも、この一瞬は。
 自らのものになった世界を見、どこまでも響く自らの名前を聞いて、チルノは笑みを深める。
 そして――

 ――パチン、と。

 チルノが指をならすとともに、妖精たちの声が止まった。
 弾幕すらも、完全に動かなくなった。
 音のなくなった世界。
 その中に、チルノの鈴のなるような声だけが、静かに響き渡る――


「あたいの美技に酔いな」


 その言葉と共に、チルノは、ニ、三本のツララを放つ。マイク・パフォーマンスのようなものだ。
 飛んでくるアイシクルフォース(Easy)。
 その弾幕をぎりぎりで避けて、魔理沙は反撃をした。
 彼女の手から光の筋が、一直線に魔理沙へと伸びる――ノンディレクショナルレーザーだ。
 それは、あたれば妖精など吹き飛ぶ必殺の一撃だ。
 だが。

「そんな弾幕だから、あんたは霊夢の域に達せないのさ!」

 パチュリーのスペカをパクって攻撃してきた魔理沙に、チルノはそう叫び、
 飛んできたレーザーを、氷の屈折を使って彼方へと弾き飛ばした。
 あっけにとられる魔理沙。
 その魔理沙に、チルノは――必殺技を解き放った。

「――氷の世界」

 呆ける魔理沙。
 その死角の隙間、意識の隙間に、チルノの攻撃が飛ぶ。
 それは、避けようのない、スキマを狙った攻撃だった。
 アイシクルフォール(Very Easy)。
 空中に停止して、急に動きだしたツララ――死角から飛んできたアイシクルフォール(Easy)に、魔理沙の心臓は貫かれた――







■ 次回予告! ■

 瀕死の重傷を負った魔理沙。
 果たして魔理沙は、チルノに打ち勝てるのか!?
 そして、その奥にひかえる強者たち――

 ――データ弾幕のパチュリー・ノーレッジ! 「魔理沙……マスタースパークをうつ際、右手が2.3ミリ下がる」
 ――下克上をめざす女・紅 美鈴! 「下克上だ」
 ――無垢なる天才・十六夜 咲夜! 「……ウス。勝つのは紅魔館…………です」

 さらにその奥に潜む二人の王者に、魔理沙は勝つことができるのか!?
 

    ――続く!!











00
0 0



↑作品を狂っていると感じた方、押していただければ幸いデス↑
 次回のやる気につながりますので……感想、ひと言遠慮なくどうぞ。


◆あとがき◆




なんだこれ。
カオス、まさにカオス!
……いやまあ、某人の絵をもとにかいたのだけれども。
続きは……出る……出ない……どうしよう……?



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー